「楽しい日々」
毎日毎日がとっても楽しかった♪
会社から帰ってくるとすぐフー助の元に・・・
ゲージの扉を開けて、抱っこして、スリスリして
フー助は、本当にいっぱい食べた、飲んで、そして元気に遊んで、イタズラして
障子を破いて自分の通り道を作ったり、
モップをかけていると、どこからともなく走ってきてモップに「ガブリ!」
ドライブが大好きで、運転する私の膝の上にいつもいた
赤信号で車が止まり窓を開けると、「ヒョッ!!」と立ち上がり窓から顔を出して
隣りの車の人や歩いている人を驚かせた
フー助はゴム手袋が大好きだった
ある日、ゴム手袋の指先が食いちぎられているのに気が付き病院に駆け込んだ
先生は「ベンと一緒に出てくるといいんだけど・・・」と難しい顔をしていた
翌日、う○ちと一緒にピンク色のゴム手袋の指先が出てきた
その、う○とがとっても嬉しかった♪
フー助は「ぼく何かした?!」と言う顔をしていた
私の部屋ならどこでも仰向けで寝ていた
かばんの中、クローゼットの中、布団の中
そして私のパジャマの中で寝るのが大好きだった
フー助が3才の時、私は入院をした、世話は父に頼んだが・・・
3週間ぶりに家に帰り、フー助の元に
フー助は「どこ行っていたんだよ!」「ぼくは寂しかったんだぞ!!」と
私の足や手を何度も何度も噛んだ