「マイペース」
フー助5歳の秋、一人っ子生活から2年目にてんをお迎えした
思っていた通り、フー助はてんを受け入れなかった
フー助を見ていると、自分がフェレットだと思っていなかったのかもしれない
桃とてんがフー助のゲージの周りをウロウロしても何の反応もなく
「ぼくも遊びたいよ」と言うアピールなく
ゲージから出してあげると、思いっきり遊んでいた
以前にまして、甘えん坊になって私にベッタリだった
手が全く掛からず本当にマイペースな生活を送っていた
たぶん、フー助なりに私が桃とてんに手が掛かる事を察しての思いやりだったのかも・・・
ペット不可のアパートだった為、病院に行く時やドライブに行く時は
巾着袋に入れて大家さんに見つからないように出掛けた
車に乗ると、巾着袋から飛び出して私の膝の上に乗ってきた
フー助6歳の秋、「いたち御殿」を建てる事を決めた
もちろん、フェレットの部屋も考えていた
カーテンを登らないようにロールスクリーン式にしたり、クロスも掃除しやすいように
1年後の完成引越しに向けてワクワク・ソワソワの毎日だった
そんななか、フー助の体調に少しずつ変化が・・・
腰のふらつきが目立つようになっていった